自分で脱毛処理をするとたまに埋没毛になってしまうのです。

脱毛エステで脱毛をするのが理想的ではありますが、他人にムダ毛を見られ、そして処理をしてもらうと考えるとなんだかどうしても気がすすみません。少しの我慢だとはわかっていても、ストレスとなってしまう感じがします。

なので、結果的には自分で簡単に脱毛処理を行うことになり、家庭用脱毛器で定期的にムダ毛が気になったら簡単に処理をする日々です。

家庭用脱毛器はお肌にそっと脱毛器をあてるだけで、すいすいと簡単にきれいに脱毛処理が進んでいきます。

しかし、難点も1つだけあるのも事実なのです!

そう、それはたまにではありますが、また再度生えてきてしまう毛が埋没毛になってしまうということです!
皮膚の中で毛が生えてしまい、皮膚の外側まで出てきてくれない状態の毛を埋没毛というのですが、これになってしまうととってもやっかいなのです!

毛は自分では皮膚の外になかなか飛び出してきれはくれないので、自分で針やピンセットでちょこっとだけほじくり毛を皮膚の外へと出してあげなければいけなくなるのです。

多少痛みもつきものなので、それはそれでまたちょっとしたストレスとなってしまうのは確実なのです。

多少皮膚に炎症が起きてしまったり、赤くなってしまったりすることもあるし、とにかく困った現象です。

しかし、家庭用脱毛器は思った以上にきれいに脱毛処理が簡単に好きな時にできるし、埋没毛もそんなに頻繁には起きないので、気にしない人も多いのかもしれません!

いずれにしても、やはり脱毛には小さなストレスはつきものなんだな~と最近は感じています。プロに頼んで短時間我慢をして脱毛をしてもらうか、簡単に自己処理をして多少のお肌トラブルを我慢するか、どちらかを選ぶかは自分次第なのかもしれません!